なんか変なヤツおった。

2015/06/29 フランス南部リヨン付近


なんか変なヤツおった。


現在フランス南部リヨンの北100kmほどのとこにいます。

フランス人曰く「熱波」が来ててこの二週間ほど暑さが続くって事なんですけどもアフリカに比べたら屁でもない。気温は30度位だけども湿度低いんで日陰は快適ってところです。雨より100倍マシです。


さて、フランス。

ドイツに一瞬で降伏されられたはずなのに戦勝国面してるのがどうも気に食わないんですし、「おフランス」という言葉通りなんとなくお高くとまってる感もあるような気がします。


そしてお高くとまってるのが気概だけじゃなく物価もめっちゃお高いです。

ドイツ・オーストリアと、世界でも物価の高い国を通過してきたんですがそこらへんは日本と同じ位かやや高い位。


しかしフランスは高い。ドイツの1.5倍位はするんじゃないっかって感じです。アルコールはやけに安いのは他のヨーロッパ諸国と同じですが他は高い。例えば僕が自炊で毎日使うネギはドイツの1.5〜2倍位。切手も1.5倍。

こんなとこで生活するってのは大変なんじゃなかろうかって思うんですが、日本とは比べものにならんくらい社会保障しっかりしてるんで例えば国際結婚した日本人が日本国籍捨ててフランス国籍を取る事が増えてるんだとか。物価高いのは消費税の高さもあると思うんですが、ほんまに社会保障に使うのか、そして増税してもよくなる見込みがまったくない日本とは違うんでしょう。


ただ、観光で訪れるんならドイツの方がいい感じです。古い町並みがめっちゃかっこいい。そしてほんと綺麗。フランスはなんだかただ古びた建物があるなって感じです。

長くなりました。すみません。

それではまた。

ひょっこり運河から上がってきたデカいネズミみたいなやつ。

ブサカワ。日本の知人に聞くとヌートリアって動物で日本では外来害獣なんだそうだ。

すいーっと泳ぐヌートリアさん。水の中は涼しくって気持ち良さそう。

フランスには自販機はほとんどないんですがパンの自販機だけはたまに見ます。

運河で捨て置かれた艀。かつては物流の要だったはずが今では朽ち果てるを待つのみの姿はなんだか切ない。

これで午後9時40分。日が暮れるのん遅過ぎ。

運河沿いの道は非常に気持ちが良いです。アップダウンはほぼ無いし車も走ってこない。緑いっぱい。

声かけてくれたフランスのリカンベント乗り。ちなみに非常に珍しい前輪駆動リカ。

運河沿いの町ってなんだか素敵。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie Policy | サイトマップ
たぶん日本人初、リカンベント自転車による世界一周を綴るホームページ。