中国人。

2015/06/03 ハンガリー西部オーストリア国境の近く


「中国人」


といと何かとマイナスイメージでもって語られる事が多いんですね。マナーが悪いとかなんとか。


そういうのんって多分に中国人の事を下に見ることによって自分の方が上だ、と心地好く思いたいからってのがあると思います。


「同じ肌の色だけど日本人の方が優等なんだぜ」


とかそういうのん。


あと盛んにネットやニュースで言われる中国での反日感情。


「あれだけ日本のこと嫌ってる中国人なんか好きになれるはずがない」


そう思いがち。

最近って物事をネットで見がちですやん。テレビも見なくなったし新聞も取ってない。

ネットでさ、中国人の悪口盛んにに言われてるの見て


「ああ、やっぱ中国人ってだめなんだ」

そう思ってしまう。


大手メディアですら


「ネットの意見」


と称して適当にネットから漁ってきた中国人ダメ論なんかを紹介しちゃう。さらに中国の2ちゃん的掲示板のに書かれてる反日書き込み


「中国人の意見」

なんて紹介したり。


ネットで匿名で悪口書き込んでる人達の意見なんて砂粒ほどの重さもない。

部屋の中に閉じこもってネットだけ見て外国のことを、物事を判断する。

こういうのすっごい嫌いです。


外出ろ、自分で見て自分で感じろ。


中国人の悪口ニュースなんか見る度に思います。


写真はさきほど高速道路のサービスエリア(SAには自転車でも入場可能)のマクドナルドで声かけてくれた北京在住の中国人の方。団体バスで旅行中らしい。

日本人って分かると一気にフレンドリーになる人多いんです、中国人は。

中国本土でも反日感情あらわにする人なんて会ったことない。


明日くらいにオーストリア入ります。って言ってもEUのここらへんって入国審査も何もなくって大阪から奈良入るくらいの感じなんで何の感慨もなさそうです。記念スタンプくらい置いてくれたらいいんですが。

それでは。

ハンガリー人は引っ込み思案というか遠慮がちというか僕の自転車の事をそんなに見なかったが中国人団体客は好奇心が抑えられないようで見まくり。ただしアフリカの一部の国のように勝手に乗ったりはしない。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
たぶん日本人初、リカンベント自転車による世界一周を綴るホームページ。