俺はまだ正気。

2015/05/24 ハンガリー・バヤ(Baja)


インドが好きかと問われると即座に


「好きです!!大好き!!」


とは言えない位には正気を保ってはいますが、ふとした瞬間にぽわ~っとインドの事を考えていたりして、


「あーダメだダメだ」


と辛うじて完全にあっち側の人間になるのを踏み留めています。


こういう「そこまでインドラブではない」人間の私ですが、インドの良さを否定するわけではありません。いや、否定どころか「インドはめっちゃ面白い」と肯定する側です。


女子大生なんかが


「え~、やっぱ卒業旅行はベネチア行ってぇ、パリ行ってぇ、あ、モンサンミッシェルも行かないとね♪」


なんてセリフを聞くたびに


「はぁ?そんなん行ってなにオモロイねん。そんなん見ても自分の価値観揺るがすほど感動するかっつうねん」


って思ってたんですよ。要するにかヨーロッパ旅否定派だったんですね。


「旅とはカオスなトコロの方に行ってこそ価値がある!」


とね。

いやーでもですね、初めてヨーロッパに来て


「こういうとこもええな」


ってしみじみ思いました。なんでかっつーと、


「疲れない。」


これです。整然とした清潔で美しい町並み。歴史に裏付けられた秩序。無礼乱暴意味不明な人はまずいない社会。

自然とこちらも心が平安になります。


インドはまったくの逆。ゴミ箱という概念が無い社会。路上はゴミだらけ。というかすでにトイレと化してる路上。ヨーロッパより文明社会始まってるはずなのに無秩序。意味不明な人多すぎる社会。

自然と心乱れまくり。


平安な気持ちで旅出来るヨーロッパ、良いもんだったんですね。


もっともそれはインドを経験したからこそ。ヨーロッパだけしか経験してないとヨーロッパの良さは半分も分からなかったのでは、なんて思います。


比較の為にインド写真とハンガリーの写真、少し貼っときます。


それでは。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
たぶん日本人初、リカンベント自転車による世界一周を綴るホームページ。