幸福ハードル。

2015/05/16 セルビア・首都ベオグラード

たまーにこういう湧き水がありますが見つけるとテンション上がります。


「おお!髪洗える!」


こんな生活です。シンプル、というか質素になるにつれて幸せを感じるハードルが下がります。


でもそれは「幸福」な気もします。


セルビア首都ベオグラードに着きました。ブルガリアからそうでしたが東欧は横断歩道で待っていると車が止まるところです。こんなのはシンガポール以外初めて。シンガポールはたぶん止まらなければ罰金なんで止まるってだけで、こっちは自発的に止まってる感じ。東欧というとイメージが湧かないかもしれませんが、そんなトコです。


それではまた。

ベオグラード入り直前で通り雨。1時間程で止んだものの雹交じりのとてつもない雨でした。息苦しさを感じるくらい。運よく自転車ごと屋根下に避難出来たので事なきを得ず。

その後少し舗装路外れるとこの通り。アドベンチャー旅っぽくなってます。

橋の下は野宿地としてはかなりの適地。雨も心配無いし下草は生えてないし地面もフラット。

これは食べられるカタツムリだそうです。現地の人がバケツ片手に採集してました。一瞬「俺も今晩の夕飯に食べようかな」と思いましたが後で調べると数日絶食させて糞を排出させるのがセオリーらしく、食べないで良かったです。ちなみに当然ですが加熱が絶対条件。生で食べようとする人はいないと思いますが生だと寄生虫にやられて死ぬ事もあるのだとか。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
たぶん日本人初、リカンベント自転車による世界一周を綴るホームページ。