インドで航空ショーに行ってきた。

一昨日、バラナシヒンドゥ大学通称「バラ大」(←勝手に命名)付属美術館に行ってきました。インドの六大国立大学の一つ、いわばインドの東大京大。キャンパスは縦横4kmとかあってアジア最大の広さ。一歩中に足を踏み入れるとそれまでのインドらしい砂埃舞う雑然とした町並みから一気に美しい緑に溢れた別世界。

 

キャンパスというより高級住宅街みたいな感じ。宗教学や哲学、芸術学、農学、工学など1万人が学び講堂に食堂に学生寮、病院、迎賓館、農園、あげくに高さ30m越える巨大な寺院まであってはっきり言って無駄にデカイ。隣の学部まで歩いて行くのはたぶん無理。

 

美術館自体は

 

「まあこんなもんか」

 

というレベルだったんですが、キャンパス内でちらりと見た看板がコレ。

インドで航空ショー?

公式サイトにはこんな写真も。ブルーインパルス並み。期待に胸が広がります。

 

開催が翌日という事で行ってみました。しかし前述の通り広大過ぎるキャンパス。まずは観覧場所を探す事から。たまたま前を通りかかった学生に看板見せながら聞いても

 

「うーん、知らないなあ」

 

というつれない返事。大学内でエアショーがあるといったらもうそれは学園祭にも匹敵する一大イベントのはず。いや、それ以上のイベントのはずで知らないはずがない。その時間には講義もほっぽり出して全ての学生が駆けつけるでしょうし周辺の市民も大挙して訪れて大混乱必至になるほどのビッグイベント、、のハズ。

 

そんなビッグイベントをなぜ知らない?

 

警備員の人に聞いてようやく場所が分かり、リキシャドライバーにも説明してもらいます。20分は漕いでもらってキャンパスの端っこの草原に。午後1時からっ事で着いたのも1時だったんですが、あれ?あんまり人が居ない。一応ステージらしいものもありイベント自体は今日やるっぽい。

 

10km先にバラナシ国際空港もあるしそこからインド版ブルーインパルスが来るのかなと、草地に腰を下ろしのんびりしていると遠くから軽快な音を立てて黄色い飛行機がやってきた。

 

「パイーン!!」

 

ちょっと音が軽すぎる気もするが。。

ランディング体勢。

ランディング。

あれ?小さい。

ラジコン飛行機でした。

ラジコン飛行機でした。

 

そういえば看板には「RC air model」とかも小さく書いてたような。そして軍用ヘリの写真も載ってたんですが実際にはコレ。

オーナーの見事なドヤ顔。

繰り返しますが公式ページが↑コレで

実際がコレ↑

 

声を大にして言いたいのですが

 

 

「いくらなんでも話盛り過ぎ」

 

 

実際にはただのラジコン飛行機クラブの集まり風なのにブルーインパルスのアクロバット飛行風の宣伝を打ってしまうバラ大工学部祭。この写真を公式ページに載せるのに彼らの良心は傷まなかったのでしょうか。

まあそれでも真っ青な空を舞うラジコン飛行機を見るのは中々爽快なものでした。

 

それではまた。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie Policy | サイトマップ
たぶん日本人初、リカンベント自転車による世界一周を綴るホームページ。