輪行用ダンボール調達。

普通の形の自転車であれば必ずしも必要とはいえないけれど、リカンベントを飛行機に載せるとなると絶対必要なのが輸送用ダンボール。

 

インドでそのダンボールを調達出来るのか?

 

結構それが心配だったんだけれど、さすがにデリー、一国の首都だけあってちゃんとした自転車店がいくつかあってその内一軒は運よく徒歩圏内。

赤マークの所。
赤マークの所。

パハルガンジ(メインバザール)から歩いて15分位。

住所は「DDA CYCLE MARKET JHANDEWALAN NEW DELHI 」

グーグルマップ上で上記地図を検索したら出てくる。

サイクルマーケットという自転車市場のようなところで小さな自転車屋さんが何十軒もある。殆どが子供用自転車やローカルブランドの変速機も無いマウンテンバイクもどき自転車ばかりだけど、数軒こうしたちゃんとしたスポーツサイクルを扱う店がある。あるし、TREK取扱店だけあって一番ローグレードながらTREKのロードバイクまで置いてあった。Firefoxブランドで700cのクロスバイクも扱ってるんで700cのタイヤやチューブ、あとシマノの9速のチェーン位なら置いてると思う。

通路にはダンボールが山のように積み上げられていたので、お店の人に言うとタダではなかったけど譲ってもらえた。いろんなサイズの箱があって一番大きな26インチMTB用の箱を1個150ルピー。リカンベントは大きくって1個では足りないので2個購入。

 

これで輪行の心配事が一つ解消。

 

あとは梱包した後空港までの輸送手段と、エアラインに「このサイズの荷物載せたいが可能か?」と承諾える事と、空港チェックインの時に超過荷物でいくら請求されるか。まだまだ心配事は多い。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
たぶん日本人初、リカンベント自転車による世界一周を綴るホームページ。