アフリカ旅はハードル高いのか

アフリカを旅するなんてなんだかすっごいハードル高そう、そう思わねえ?

いやー俺もそう思ってたのよ。何もかもが遅れていて飯不味くって貧しくって不衛生で、宿なんてのもさぞかしキタネーんだろうなって。んでさ、黒人はとっつきにくくって何か怖いんだろう、そう思ってたのよ。こういうイメージってたぶん共有できるもんじゃないかって思う。


けどね、こっち来て見るとそんなこと全然なかった。


まず飯は結構美味い。主食が米ってのもあるんだけども、その米もインド米みたいにパッサパサで妙な臭さもないし(インド行った人は分かるだろう)どっちかというと日本米に近いものがある。米以外にも味無い蒸しパンみたいなウガリっていう主食もあるにゃああるんだけども、だいたいの安食堂ではどっちか選べるんだよね。んでもっておかずも牛肉か鶏肉のスープやトマト煮込み料理が絶対にあって、それと野菜の炒め物とか豆の煮物とかで定食になってる事が多い。これまたインドみたいにやっためたらにスパイスで味付けしてなくって素材に味が生かされていて実に美味い。ご飯が進む。

炊き込みご飯のような「ピラウ」
炊き込みご飯のような「ピラウ」

そしてそんなに不衛生でもない。ヨーロッパ志向の旅行者だと不衛生に映るかもしれんけども、アジア志向の旅行者なら「結構綺麗かも」と思えるレベル。タイ位な感じ。宿は1泊800〜900円の所に泊まっているけども、

それもシーツと枕カバーはちゃんと綺麗に洗濯されてる。ちなみにそれ位の宿は最底辺の宿ではなくちょっといいレベル。1泊400円位からあるがさすがにそこらへんは綺麗ではない。そりゃ相応に建物なんかはボロっちい所が多いんだけども、それでも掃き掃除や拭き掃除をしている風景をよく見て「綺麗好きなんだなあ」と思える。

外も思いのほか小奇麗。こんな宿でだいたい800円ほど。
外も思いのほか小奇麗。こんな宿でだいたい800円ほど。

そんでもって黒人。全然怖くない。いや、逆に親しみやすい人がほとんど。明るく親切だし、そして紳士的。「人と人との距離感」をちゃんととってくれる。相応に気配りしてくれる感じ。またまたインド出してしまうけども、インドと比べるとすごい楽。あっちは物理的にも精神的にもガツガツ近寄ってくるから疲れるのよ。。。。。

 

実はいうとアフリカはあんまり気乗りしなかった。だって怖かったし、未発展な事で何かとスムーズに進まないんだろうな、って。そりゃ確かにコンビニはまずないし、wifiだってちょっといいホテルじゃないとまず飛んでない。

 

けど、ほんと百聞は一見に敷かずとはこの事だと思う。

まだタンザニアの事だけなんだけども

 

「東アフリカ、意外と快適で旅行しやすい」

 

少なくともインドより断然楽。体力的にも精神的にも一番過酷な旅になるのかも、と思ってたけども意外や意外、結構楽にいけそうっす。

ま、マラリアにかからなければ、の話だけども。

 

毎日雨でまだイリンガという町に滞在中。。宿も綺麗で安くって飯も美味いわ酒も安いわで、一旦腰下ろすと中々足動けねえ。

牛肉と調理用バナナのトマト煮込み。バナナはまるでジャガイモのような味。まったく甘くない。
牛肉と調理用バナナのトマト煮込み。バナナはまるでジャガイモのような味。まったく甘くない。

概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
たぶん日本人初、リカンベント自転車による世界一周を綴るホームページ。