バンコクでインドビザ。

昨日は旅友達と久々にここバンコクで再会して飲んでました。

 

そして今日はインドビザ申請。と言っても大使館行くの面倒だったんで代理店に頼むつもりでした。過去2回ほどバンコクの旅行代理店で取ってもらった事があったので。

 

日本人のやってる代理店のHP上では1750B(約5,000円)と出ていて、必要書類はパスポートと写真だけ。自分で大使館で申請すると1300B+交通費。

 

「手数料が450Bなら安いな」

 

と思って訪ねてみると

 

「1週間後に閉店するのでビザは扱えません」

 

ときたもんでした。仕方なく今まで何度か航空券等を買っていた有名なインド人がやってる旅行代理店へ。

 

「プリントアウトしたオンライン申請書と航空券とホテル予約書が必要だ」

「料金は2,500B」

 

1週間前に日本人の女の子がココでビザの値段聞いた時は1800Bだったのに人で値段を変えるようだ。まあアジアだと普通だけど。さすがに高いので別のトコで聞いてみると

 

「1700B」

 

というところが見つかった。そこに頼もうとすると

 

「17日のフライトに間に合わせようとすると2,000B」

と言い、

「片道のチケットしか無いのなら便宜を図る代わりに2,200B」

と、どんどん値段が上がっていく。(原則的には往復のチケット必要だが無くても取れる事がほとんどらしい)

 

腹立たしい限りなんだけども出直して明日自分で申請しに行っても日程的にはたぶん大丈夫なのだが、場所探したりも面倒といえば面倒。

 

「16日の午後6時にはパスポートがここに届いてるから」

 

と言うのでお金払ってパスポートと書類一式預けてしまいまいた。

ただ非常に気になるのは受付の姉ちゃんが

 

全然書類のチェックをしなかった事。

 

インド人の店ではインドビザ代行に慣れているのか書類や写真のサイズなどをチェックしていたのですが。。

 

 

しかしカンチャナブリでもあれだけのんびりしていたのだから、自転車置いといてビザだけ取りにバスで来といたら良かったと思うも後の祭りです。

 

これで

 

「書類に不備があって申請できませんでした」

 

なんて言われちゃうと既に買ってある17日発のインド行き航空券1万6,000円はパー。

 

心配で胃が痛いです。

一緒に飲んだのは東京でプロカメラマンやってる人。年末年始の休みを利用して短期でタイに来ていて、帰国の前日って事でバンコクに居るから飲もうって事になりました。

僕よりも一回り年上の人で、アフガニスタンとかにも行ってた人なので

「タオとかパンガンとかアンコールワットとか、そういうトコ行ってももう感動しないね」

なんて言う所とか

「うんうん、そうやよねえ」

と、好奇心の摩滅した旅人話で盛り上がってました。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
たぶん日本人初、リカンベント自転車による世界一周を綴るホームページ。